QOLには定義はあるのか

2019年10月03日
嬉しく笑っている女性

QOLは英語のクオリティ・オブ・ライフの頭文字の3文字を取ったもので、日本語では生活の質という意味です。
その定義は人間らしく生きることができるかどうかという点にあり、特に医療現場で重視されている概念です。
特に医学の分野では医療技術が進歩する一方で、単に延命治療が行われるだけのケースも少なからずあります。
そのために治療によって患者が充実した生活が行えるように、生活の質が重視されるようになっているのです。

とりわけがん治療の分野では延命治療が行われるようになっていますが、治療の間も患者が快適に過ごして、家族との時間を大切にしたり趣味を楽しめるような環境が求められているのです。
特に末期がんの場合には激しい痛みが伴うケースも多いですが、QOLを重視する場合には、必要に応じて鎮痛剤の投与も必要になります。
また交通事故などで障害を持つようになった人にとっても、生活の質を重視することはとても大切なことです。
特に失った体の機能を補うための、様々な器具や設備が必要になっているのです。
たとえば車いすを利用する人であれば、公共施設のバリアフリー化を進めることで、生活の質を高めることに成功している事例も多いのです。